採用管理ツールを活用した雇用管理について

採用管理ツールを用いて、中長期的な雇用管理を行う企業が増えています。企業にとって優秀な人材を確保することは、極めて重要なミッションですが新卒の新規採用枠さえ埋まらない現状では、第二新卒や中途採用に頼らざるを得ないのが現状です。この場合、企業はハローワークや各種求人サイトなどの求人媒体に広告を掲載することになりますが、その全てが有益な訳ではありません。
また、様々な求人媒体を通して応募してきた求職者の採用状況を把握することは非常に煩雑な業務となるため、それらを一括管理できるツールを用いる必要があるのです。また、どういった求人媒体を経由してきた求職者の合格率が高いのかを見極めることによって、より効率的な募集活動が可能となりますので経費節減にもつながるのです。

企業経営の基盤を担う採用管理ツールの役割

企業の経営基盤を盤石なものとするためには、バランス良く各年齢層の社員を適材適所に配置することであり、不足する部分は中途採用やアルバイト・パートなどで、迅速に補っていくことが大切になります。そこで、企業の人事担当は求人募集を行うことになりますが、雇用形態の多様化とともに、選考作業や内定通知の発送いった採用事務をしっかりと管理することが困難になってきました。
特に内定通知の遅れは優秀な人材が競合他社に流れることにもなりかねません。つまりツールの役割は、求職者が応募してきた求人媒体ごとにデータを取りまとめ、採用までの選考状況を一括管理することで、採用事務の遅れを防ぎ、確実に優秀な人材を囲い込むことであり、既に導入している企業では大きな成果を得ています。

採用管理ツールによる効率的な要員確保

企業にとって、優秀な人材の確保が大きな課題だと言っても無尽蔵に予算があるわけではありませんから、いかに効率よく優秀な人材を採用するかが、真の意味で採用担当者に求められるミッションです。そこで、採用に至った社員が、どういった求人媒体を経由してきたのかを把握・分析することで、企業にとって有益な求人媒体を選択することが可能となります。
これまでは、こういった分析を手作業で行っていましたが、事務が煩雑になり正確なデータが確保できていませんでした。そこで、ツールには求人媒体ごとの採用率や入社後の実績を一括管理させています。さらに、そこに入社後の業績を付加することで、その企業にとって優秀な人材を数多く輩出している求人媒体を簡単に絞り込むことが可能となっています。

多様なダッシュボードでKPIをリアルタイムに可視化! 応募~選考~データ分析まで「豊富な採用管理機能」と「直感的な操作性」で、企業の新卒・中途採用を徹底的に効率化! RPOサービスもご提供できるため、採用オペレーションのフルアウトソース化も可能です。 導入事例として、工数の削減を実現させるためのOutlookとの自動連携がお客様に好評です。 便利な採用管理ツールについてはHITO-Linkがおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加