採用管理ツールの使い方とメリット

採用管理ツールを導入する企業が増えていますが、使い方次第でその効果に大きな差が出てきます。企業における人材の確保は困難を極めており、新卒の新規採用者が定員に充たないばかりか、入社3年未満の早期離職が後を絶たない状況にあります。また、不況時に敢行した人員整理の影響で、40代のいわゆる中堅層の社員が極端に少ない企業も少なくありません。 そこで、企業は転職希望者の受け入れや第二新卒者の雇用に力を入れることになりますが、当然のことながら競合他社との競争は避けられません。特に選考業務の遅れは致命傷になりかねないことから、ツールによる一括管理を行う企業が増えています。ただし、選考業務の進捗管理だけであれば、どの企業も実施していることですから、競合他社に差をつけるにであれば、さらに分析や社員育成に活用することが重要になります。

人材確保の現状と採用管理ツールの概要

企業の採用担当者の目的は、要員を確保して適材適所に配置することです。企業組織が大きくなるにつれ求められる人材は多様化しますから、正社員だけでなく期間雇用社員や契約社員、アルバイトなど雇用形態にも大きな影響を及ぼしているのが現状です。 そこで、採用担当者は必要な人材が集まる求人媒体へのアプローチを試みることになりますが、その分業務が複雑になり進捗管理にまで手が回らなくなってしまいます。ツールはこうした弱点を克服するため、求人媒体ごとに求職者の基礎データを整理し、選考試験の実施状況や合否、内定通知の発送状況などを一括管理します。さらに、企業の人事管理システムと連携させることで、入社後の実績や研修の受講状況なども付加することができますから、使い方次第では大きな効果をもたらすことができるのです。

採用管理ツールの有効に活用するためのポイント

企業はより多くの人材を集めるために、様々な求人媒体に広告を掲載しますが、数多く掲載するほど非常に大きな経費が必要となる上、社内における選考作業も煩雑になります。特に選考作業の遅れは競合他社の付け入る隙を与えることにもなりかねませんから細心の注意が必要ですが、ツールを使えば容易に管理できます。また、ツールに蓄積されたデータからは、求人媒体ごとの合格率を簡単に算出することができますから、この数値を用いることで、企業にとって有益な求人媒体を見極めることができます。 したがって、少ない経費でより優秀な人材を確保することが可能となります。さらに、人事管理システムと連携することで、各種研修の受講内容や業績を付加することができますから、人材育成にも大いに役立たせることができるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加