進化を実感させる採用管理ツールの機能とは

採用管理ツールの目的は採用業務の省力化を図り優秀な人材を集めることですが、最近では採用業務の進捗状況を把握するだけではなく、より効率的に採用業務を遂行するための機能が付加されています。その一つが、採用業務全体を総括し分析するシステムです。 例えば、どういった求人媒体を経由した応募者の質が高かったのか、面接官によって採用基準のブレがなかったのかを検証することで、より効率的に採用業務を進めることができます。また、応募者とのコミュニケーションが図れることも大切な機能です。例えば、採用担当者のブログを掲載したり、応募者へのアンケート募集やメールの送受信を可能とすることで、応募者の気質などを把握することができますから、今後の採用事務に大きく役立てることができるのです。

採用管理ツールで雇用事務を分析する機能

採用業務の効率化という観点では、ツール上で応募者情報の収集や検索が簡単にできる仕組みは必要不可欠です。応募者は様々な求人媒体を経由して応募してきますから、人材紹介会社などと連携を強化することで、媒体ごとに応募者情報をデータベースとして蓄積することができます。さらに、合格率や入社後の業績をリンクさせることで、有益な求人媒体の見極めや選考試験の見直しを行うことが可能となりますから、無駄な経費を節減しながら優秀な人材を確保できます。 また、応募者情報の検索を容易にすることで、社内の面接官が選考試験の際の参考とすることが容易となるほか、採用データの取りまとめや集計作業も簡単になります。したがって、採用担当者はこれまでのように、事務作業に追われることなく的確な雇用対策を検討することができます。

採用管理ツール上で応募者とのコミュニケーションを図る機能

応募者もしくは応募を検討している人と、自社のホームページ上でコミュニケーションを積極的に図ることは、優秀な人材を囲い込むことにつながり、内定通知後に競合他社に流れることを防ぎます。そのためには、ホームページ上にマイページを開設できる仕組みを構築し、ブログを開設したりメールによる質問を受け付けることで、より自社の社風に合った質の高い応募者を募ることができます。 また、内定者に定期的にメールを送付することで、他社に逃がさないばかりか、自社の社風や経営方針などを伝えていくことも可能です。さらには、閲覧者にアンケートを呼びかけることで、閲覧者の気質などや興味・関心などを把握することになりますから、より的確な募集活動につなげていくことが可能となるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加